白内障の20%は紫外線が影響している!

紫外線が引き起こす怖い症状として白内障が挙げられます。
白内障は目の病気で徐々に目が見えにくくなり最悪の場合は失明する人もいる怖い病気です。

多くの人は加齢とともに羅漢する人が増える傾向にあり、
白内障になる大きな原因は加齢によるものだと言われています。

ただ、白内障患者の20%は原因が紫外線だとされており、
白内障にならないように紫外線対策を怠らないことがとても大切なこととなっているのです。

白内障って?

白内障は目の水晶体の弾力が失われることにより白濁することで起こる病なのですが、紫外線が目にあたり長きにわたり紫外線対策をせずに紫外線を浴びていると水晶体のたんぱく質が変性を起こすことで白濁し白内障になるのです。

元より白内障はいきなりなる病気ではありません。
時間をかけてじわじわと悪くなってくるのです。

つまり加齢により白内障になるのも時間をかけて水晶体が弱ってくるからなのです。
紫外線の影響による白内障も紫外線を浴び続けるような生活を送ることに大きな原因があります。長い期間に渡って紫外線を目に浴び続けてきたことにより発症しているのです。

これは紫外線が原因で白内障になる人が紫外線が強い地域に多いことから見ても明らかなことだと言えるのです。紫外線が原因の白内障にならならないようにするには目に紫外線を浴びないことです。

つまり、サングラスを着用する、日差しを防げるような帽子を着用することを日ごろから徹底させることが一番の紫外線対策となるのです。

オススメの飲む日焼け止めは二本製のニュートロックスサンです。

10歳頃までに紫外線に無防備だと危険!皮膚がんのリスクも

紫外線は怖いものだという認識が日本においても徐々に知られてくるようになりました。
その大きな理由は紫外線対策を怠ると皮膚がんになる可能性があることが知られてきたからだと言えます。

皮膚がんはメラニン色素を生成する能力が低い人が羅漢する可能性が高いと言われています。日焼けをしても黒くならずに赤くなるだけの人に多いと言われています。

実際にオーストラリアでは全がん患者の半数は皮膚がんだと言われていますので思っているよりも深刻な問題だと言えるのです。

紫外線は皮膚の細胞を傷つけます。

時として傷ついた細胞は変異を起こすことがあり癌になる可能性があるのです。

特に子供は成長しているので細胞分裂が激しく行われています。

そんな際に紫外線対策を怠った肌に紫外線があたると変異を起こす確率が上がってしまうのです。10歳頃までに多くの紫外線を無防備に浴びてしまうと皮膚がんになる可能性が高まります。

細胞が紫外線により変異を起こしてしまう可能性が高いのです。

そのため、紫外線対策は小さなときから行うことがとても重要だと言えるのです。

大人になってから日焼けが嫌で対策を取るのではなく皮膚がんの予防のためにも幼少期から帽子や長袖のシャツなどをうまく利用して対策を取るべきだと言えるのです。

幸い、日本ではオーストラリアのように皮膚がんになる人は多くありません。それは肌の色や肌の質の違いが影響していると考えられます。それでも油断は大敵です。あとで後悔しないようにしっかりと紫外線対策は万全に取りましょう。

紫外線により光老化がシワやシミの老化現象に

紫外線はシミやシワを作る大きな原因となることが知られています。

シミやシワももちろん嫌なことですが紫外線対策をせずに紫外線は浴び続けることで肌の老化も顕著に現れてくると言います。

日光を浴びて日焼けをした、色が黒くなったというような一時的な変化ではなく紫外線は紫外線対策をしないで長年に渡り浴び続けることで肌は老化をしていくのです。

これは日頃から日光を浴びる機会がどうしても多くなる農家の人をみてもよく分かることです。同年齢の人であっても高齢者で農家の人の肌は深いシワが刻み込まれ肌のハリが失われている人が多いのです。

年数を経過して出てくる目に見える肌の老化現象を光老化といいます。

光老化は紫外線を浴びた年数と浴びた量に比例すると言われています。
顔の他にも紫外線を浴びやすい場所として手があります。

顔や手に光老化現象は起こりやすく、
肌が老化していると分かる人の8割は紫外線による老化である光老化だと言われるのです。

近年、地球温暖化が叫ばれています。

温暖化が進むとオゾン層が破壊されて今まで以上に強い紫外線を浴びる危険性も高くなり、今までは地表に届いていなかった紫外線Cが届き出す危険性が高くなると言われています。

つまり、地球温暖化は人間の肌の老化を進めてしまう可能性があるのだとも言えるのです。自分には関係ないと思うのではなく地球温暖化の防止に助力することは結果的に自分自身で紫外線対策を行っていることに等しいこととなるのです。

髪の毛が紫外線を大量に浴びる!枝毛、烈毛の原因に

髪の毛は頭部にありいつもさらけだしている部分となるので紫外線の影響を受けやすい箇所となります。

統計によると顔に浴びる紫外線の2倍以上の量の紫外線が髪の毛は浴びているそうです。

髪の毛が紫外線を浴びると髪の毛は傷つきキューティクルも剥げ落ちて髪が枝毛になったり烈毛のなったりします。紫外線は髪の毛のメラニン色素にも影響を与えることとなり髪の毛の色が変色し赤茶色になるのです。

肌の紫外線対策をしっかりと取っている人は多いのですが髪の毛は二の次になっている人も多いのですが髪の毛もしっかりと紫外線対策を取るように心がけなくてはいけないのです。

髪の毛の紫外線対策の基本は帽子をかぶることや日傘をさすことが基本となりますが、日焼け止めを使用するのも有効です。日焼け止めは肌に塗る日焼け止めを使用するのではなく髪の毛用の日焼け止めを使用するようにしましょう。

その際には髪の毛に日焼け止めを塗るだけでなく頭皮にも塗るようにしなくてはいけません。これだけのことを対策として行っておけば安心ですが、それでも海などへ出かけて強い紫外線を浴びた時などはケアを行うことが大切です。

ダメージケアに適しているシャンプーやトリートメントを使用して十分にケアを怠らないようにしましょう。なお、日焼けをした時には髪の毛は弱っていますので強くブラッシングをすることは避けましょう。ダメージがより強くなり髪の毛にとって良い効果は全くありません。