10歳頃までに紫外線に無防備だと危険!皮膚がんのリスクも

紫外線は怖いものだという認識が日本においても徐々に知られてくるようになりました。
その大きな理由は紫外線対策を怠ると皮膚がんになる可能性があることが知られてきたからだと言えます。

皮膚がんはメラニン色素を生成する能力が低い人が羅漢する可能性が高いと言われています。日焼けをしても黒くならずに赤くなるだけの人に多いと言われています。

実際にオーストラリアでは全がん患者の半数は皮膚がんだと言われていますので思っているよりも深刻な問題だと言えるのです。

紫外線は皮膚の細胞を傷つけます。

時として傷ついた細胞は変異を起こすことがあり癌になる可能性があるのです。

特に子供は成長しているので細胞分裂が激しく行われています。

そんな際に紫外線対策を怠った肌に紫外線があたると変異を起こす確率が上がってしまうのです。10歳頃までに多くの紫外線を無防備に浴びてしまうと皮膚がんになる可能性が高まります。

細胞が紫外線により変異を起こしてしまう可能性が高いのです。

そのため、紫外線対策は小さなときから行うことがとても重要だと言えるのです。

大人になってから日焼けが嫌で対策を取るのではなく皮膚がんの予防のためにも幼少期から帽子や長袖のシャツなどをうまく利用して対策を取るべきだと言えるのです。

幸い、日本ではオーストラリアのように皮膚がんになる人は多くありません。それは肌の色や肌の質の違いが影響していると考えられます。それでも油断は大敵です。あとで後悔しないようにしっかりと紫外線対策は万全に取りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です