髪の毛が紫外線を大量に浴びる!枝毛、烈毛の原因に

髪の毛は頭部にありいつもさらけだしている部分となるので紫外線の影響を受けやすい箇所となります。

統計によると顔に浴びる紫外線の2倍以上の量の紫外線が髪の毛は浴びているそうです。

髪の毛が紫外線を浴びると髪の毛は傷つきキューティクルも剥げ落ちて髪が枝毛になったり烈毛のなったりします。紫外線は髪の毛のメラニン色素にも影響を与えることとなり髪の毛の色が変色し赤茶色になるのです。

肌の紫外線対策をしっかりと取っている人は多いのですが髪の毛は二の次になっている人も多いのですが髪の毛もしっかりと紫外線対策を取るように心がけなくてはいけないのです。

髪の毛の紫外線対策の基本は帽子をかぶることや日傘をさすことが基本となりますが、日焼け止めを使用するのも有効です。日焼け止めは肌に塗る日焼け止めを使用するのではなく髪の毛用の日焼け止めを使用するようにしましょう。

その際には髪の毛に日焼け止めを塗るだけでなく頭皮にも塗るようにしなくてはいけません。これだけのことを対策として行っておけば安心ですが、それでも海などへ出かけて強い紫外線を浴びた時などはケアを行うことが大切です。

ダメージケアに適しているシャンプーやトリートメントを使用して十分にケアを怠らないようにしましょう。なお、日焼けをした時には髪の毛は弱っていますので強くブラッシングをすることは避けましょう。ダメージがより強くなり髪の毛にとって良い効果は全くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です