紫外線により光老化がシワやシミの老化現象に

紫外線はシミやシワを作る大きな原因となることが知られています。

シミやシワももちろん嫌なことですが紫外線対策をせずに紫外線は浴び続けることで肌の老化も顕著に現れてくると言います。

日光を浴びて日焼けをした、色が黒くなったというような一時的な変化ではなく紫外線は紫外線対策をしないで長年に渡り浴び続けることで肌は老化をしていくのです。

これは日頃から日光を浴びる機会がどうしても多くなる農家の人をみてもよく分かることです。同年齢の人であっても高齢者で農家の人の肌は深いシワが刻み込まれ肌のハリが失われている人が多いのです。

年数を経過して出てくる目に見える肌の老化現象を光老化といいます。

光老化は紫外線を浴びた年数と浴びた量に比例すると言われています。
顔の他にも紫外線を浴びやすい場所として手があります。

顔や手に光老化現象は起こりやすく、
肌が老化していると分かる人の8割は紫外線による老化である光老化だと言われるのです。

近年、地球温暖化が叫ばれています。

温暖化が進むとオゾン層が破壊されて今まで以上に強い紫外線を浴びる危険性も高くなり、今までは地表に届いていなかった紫外線Cが届き出す危険性が高くなると言われています。

つまり、地球温暖化は人間の肌の老化を進めてしまう可能性があるのだとも言えるのです。自分には関係ないと思うのではなく地球温暖化の防止に助力することは結果的に自分自身で紫外線対策を行っていることに等しいこととなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です