白内障の20%は紫外線が影響している!

紫外線が引き起こす怖い症状として白内障が挙げられます。
白内障は目の病気で徐々に目が見えにくくなり最悪の場合は失明する人もいる怖い病気です。

多くの人は加齢とともに羅漢する人が増える傾向にあり、
白内障になる大きな原因は加齢によるものだと言われています。

ただ、白内障患者の20%は原因が紫外線だとされており、
白内障にならないように紫外線対策を怠らないことがとても大切なこととなっているのです。

白内障って?

白内障は目の水晶体の弾力が失われることにより白濁することで起こる病なのですが、紫外線が目にあたり長きにわたり紫外線対策をせずに紫外線を浴びていると水晶体のたんぱく質が変性を起こすことで白濁し白内障になるのです。

元より白内障はいきなりなる病気ではありません。
時間をかけてじわじわと悪くなってくるのです。

つまり加齢により白内障になるのも時間をかけて水晶体が弱ってくるからなのです。
紫外線の影響による白内障も紫外線を浴び続けるような生活を送ることに大きな原因があります。長い期間に渡って紫外線を目に浴び続けてきたことにより発症しているのです。

これは紫外線が原因で白内障になる人が紫外線が強い地域に多いことから見ても明らかなことだと言えるのです。紫外線が原因の白内障にならならないようにするには目に紫外線を浴びないことです。

つまり、サングラスを着用する、日差しを防げるような帽子を着用することを日ごろから徹底させることが一番の紫外線対策となるのです。

オススメの飲む日焼け止めは二本製のニュートロックスサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です