MENU

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの違い
飲む日焼け止めとはあまり聞きなれないですが、最近テレビなどでも取り上げられて注目されつつある商品です。飲む日焼け止めは聞きなれないこともあり、効果や副作用を心配する声もありますが、種類に違いはありますが海外では以前からメジャーな商品として親しまれてきました。
飲む日焼け止めと塗る日焼け止めでは使用方法も効果の表れ方も違いまあります。塗る日焼け止めは肌をカバーして紫外線が肌にたどり着く前にブロックして紫外線によるメラミン生成や光老化現象を防ぐ役割をしていまが、飲む日焼け止めは肌に紫外線が降り注いでも、紫外線で受けた肌のダメージを軽減する効果があります。
塗る日焼け止めは塗った部分しか効果がありませんが、飲む日焼け止めは全身どこでも紫外線のダメージを軽減してくれる効果があり、このように使い方だけではなく作用にも違いがあります。

 

ニュートロックスサンとフェーンブロック

飲む日焼け止めは大きく分けてニュートロックスサン系とフェーンブロック系の2種類の成分があり、ニュートロックスサンは国産品、フェーンブロックは海外製となっています。今までは飲む日焼け止めは海外製のフェーンブロック系の商品が主で、シダ植物から抽出される抗酸化作用で紫外線のダメージを和らげる「ヘリオケア」などの世界的にも有名な商品が人気がありましたが、最近では国産の飲む日焼け止めニュートロックスサン系の物が発売されて注目を浴びています。
ニュートロックスサンはシトラスとローズマリーから抽出されたポリファノールの一種で、これを配合することによりメラミンの生成や活性酸素の活動を抑えて日焼けのダメージを抑える効果が発揮されます。「ホワイトヴェール」や「雪肌ドロップ」などが国産ニュートロックスサン系の有名な商品です。

 

飲む日焼け止めの安全性

塗る日焼け止めと違い飲む日焼け止めは体の中に直接取り入れるので、安全性が心配されますが副作用や健康被害が出たとい方向はありません。むしろ肌が敏感で強い塗る日焼け止めを塗ることができない人や、肌が弱く少しの紫外線でも日焼けして炎症を起こしてしまう人などには、飲むだけで効果が得られる飲む日焼け止めがオススメだと言えます。飲む日焼け止めは耳や頭皮など、塗る日焼け止めではカバーできない部分もダメージを抑えてくれるので効果的です。

 

しかし、海外製のフェーンブロック系の商品は国内では承認されていない成分が含まれている場合や、錠剤が大きく飲みにくい場合もあるので、不安を感じる人は国産のニュートロックスサン系を飲むことをオススメします。国産は日本人向けに開発されたので、紫外線の抑止力の他に美肌の効果も期待できる成分が配合されていることが多いので、美肌ケアも同時にできます。さらに、副作用がないとはいえ妊娠中や授乳中の女性、4歳未満の子供などは摂取を控えた方がいいとされています。

 

飲む日焼け止めの効果的な活用方法

飲む日焼け止めを飲んだとしても、一度肌に届いた紫外線なので完全に肌へのダメージを取り除くことはできていません。飲む日焼け止めをより効果的に使用するためには、紫外線を浴びる30分前には飲むようにして、長く強い紫外線にさらされる場合は4時間ごとに追加で飲むようにしなければ効果が薄いです。紫外線を多く浴びる当日だけ飲んでもダメなので、夏場は毎日飲み続けることが大切です。
もしも飲む日焼け止めを紫外線を浴びる前に飲み忘れて日焼けしてしまっても、効果は万全ではありませんがメラミン生成や肌の炎症を抑える効果が飲む日焼け止めにはあるので、日焼け後のアフターケアとして飲むこともできます。この場合肌への影響が出てくる前になるべく早く飲む日焼け止め飲むことが重要です。
さらに効果を高めるために、多くの紫外線を浴びる肌の部分には日焼け止めを塗って、体の中と外から合わせて紫外線をブロックするとより強い効果が期待できます。